--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01.08
Thu
foobar改造記1

とりあえずiTunesよ、さらば。

まずスキンをZetroMOD、歌詞はLyric Show Modokiで曲ごとに壁紙入れて。
東方ボーカル。細かいところいじっておわり。

プレイリストマネージャ探し。透過できるWSH Tree Explorerを。
だが、ELPLAYLISTからD&Dできん。ELPLAYLISTにContextmenuからSendtoplaylistで我慢。つーかなんでRemoveねえの?アホか。
Modokiを右下に、WSH Cover Panel Modを右上に。

PSSに壁紙入れたらWSH PANEL MODの裏に前の曲の壁紙が残ってしまい
Oh,shit!まじかも・・・
最大化ワンクリックはいちいちめんどいけどふつくしい・・・
WSH PANEL MODのこの仕様はどうにかならんのか。
そんでWSH Cover Panel ModやめてPSSのTFでアートワーク透過だ。
artreader_frontだとAudioファイルのフォルダ画像を読み込まないので便利。
壁紙ひとつにしてボタン切り替えでカラオケ&曲ごとの壁紙しか妥協案ないね。
最後に。
func UIわかんね~!!!!!
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
02.28
Mon
QTFairUse6-2.5

iTMSで購入した曲はVolume Logicに適応されないらしい。
いろいろ調べているうちに、どうもプロテクトが原因のようだ。
なんと劣化無しでm4p→m4aに変換できるソフトがある。
「QTFairUse6-2.5」だ。
しかしこのソフト、iTunes 10以降では動作しないのだ。
それでOldVersion.comからiTunes 7を落としてインスコ。
だが今度はiTMSで購入した曲を認証できない。
iTMSに接続できないのだ。
調べると、MSCONFIG を使って Windows のコンフリクト(機能衝突)についてトラブルシューティングを行う
どうも悪さをしていたヤツがいたようだ。
無事に認証が可能に。
QTFairUse6-2.5もちゃんと動作を確認。購入した曲はBackupフォルダに格納される。
変換したm4aファイルは元ファイルのあった場所に作成される。
しかもその曲が含まれるプレイリストのパスまで修正してくれる、気の遣いよう。
WinampでVolume Logicに適応されたぜい。 YATTA!!
iTMSはやめるわ。

Winamp+カッシーニ+りり+Volume Logic=最強。
comment 0 trackback 0
02.24
Thu
Lyrics Masterがバージョンアップしたようだ。

Lyrics Masterの不満点と言えば、歌詞をテキストファイルに保存するときに、[曲ファイルと同じフォルダ]がなぜか無いことだ。

iKaraやカッシーニにはある。

もしこの機能があれば、Winampにりり等で歌詞表示する際、スムーズに移行できるのだ。

埋め込む派ではない理由がここにある。

※りりは埋め込み歌詞には対応していないとのこと。

既にLyrics Masterで歌詞を埋め込んでしまったファイルは、
NullLyricsで[曲ファイルと同じフォルダ]にテキストファイルで保存。(俺はこのソフトをぶっこぬきとよんでいる)mp4にも対応してくれ。

で、更新ストップと思われていたカッシーニが2561になっていた。
Lyrics Masterが霞んで見えるわ。

カッシーニ+Winamp+りり=無敵だろ

iTunes側で歌詞を埋め込んだ曲ファイルをぶっこぬく作業が始まるお・・・
comment 0 trackback 0
10.02
Sat
愛中+iKara+Lyrics Masterは設定が簡単で神なのだが、愛中9.2がメタボでメモリ50%以上食いすぎダイエットしろ!(愛中10にしたら幾分マシに)



アンプ+tmsVU+Lyrics Masterにするべき。問題は拡張子を除いた、曲ファイル名と歌詞ファイル名を完全一致させなければならないこと。



つまり歌詞表示できないならタグエディタで名前変えろ(よく見るとドットが2つとかマジやめれ)、と。めんどくせ~けど愛中はそんなことする必要ないのがいい。



トラック番号がファイルの先頭に付加しているので、アンプで歌詞表示できないのである!ん?曲ファイルと同じフォルダに歌詞ファイル置け?それでうまくいくのかはワカリマセン。



しかし曲ファイル名の先頭にトラック番号付けたがる愛中の糞仕様に白旗揚げたわ。



そこに救世主が。「Tune-up iTunes」というパッチソフト、ようは窓の手みたいな奴よ。



機能一覧に、トラック番号付きのファイル作成のOn/Offを切り替える。とある。



愛中での作業工程



かゆい愛中起動→適用できず→愛中9.2アンスコ→愛中10インスコ→適用できた→愛中10起動→トラック番号付きのアルバムAをライブラリから全曲削除(MP3)→



もう一度登録→トラック番号タグ登録(ID3タグではなく愛中10ね)→曲順通りに一曲ずつ再生→本体のファイルからトラック番号が消えた♪→プレイリスト修正→



一つファイル名の長い曲があり短くして解決(愛中のライブラリに登録すると本体ファイルの長い名前が途切れるのは仕様?)



しかしできたのはMP3ファイルのみ。M4AファイルやiTMSで購入した曲ファイルはなぜかうまくいかない。作者様はうまくできるらしいが。



歌詞ファイルは、アーティスト別に「曲名(タイトル).txt」で音楽ファイルとは別フォルダに保存してある。無論、iKaraやLyrics Masterにトラック番号を付加する機能ははない。できそうなんだがね。



次にアンプでの作業工程



tmsVUインスコ→愛中でトラック番号を消したアルバムAをライブラリから全曲削除(MP3)→もう一度登録→トラック番号タグ登録(ID3v2.2以降に統一)→歌詞が見事に表示された♪



残る二つの課題は、M4AファイルやiTMSで購入した曲ファイルの成功と、Lyrics Masterの参入。



これについては

Winampやfoobar2000とLyrics Masterを連携させる方法



を参照にまたの機会にでも。疲れる~
comment 0 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。