--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.31
Tue
34a73ac4.gif金子義隆氏のふしんなぺーじが閉鎖されてしまったようです。



「普請中」は僕のハードディスクで生きているので良かったらあげます。(本人の許可を取れ)



早くHTMLに変換しなきゃ。



盤上の虹 勝浦修短編詰将棋集が将棋世界の9月号の付録だそうな。盤面虹か~楽しみです。



それにちなんで問題は通常の虹です。初形と詰上がりにご注目。
スポンサーサイト
comment 2 trackback 0
07.29
Sun
cfa9ff8c.gif手筋そのものです。
comment 2 trackback 0
07.28
Sat
86c6cb75.gifこれで許して。
comment 0 trackback 0
07.27
Fri
0a9b7a53.gif問題のみ。この収束必ず余詰ある~
comment 0 trackback 0
07.21
Sat
205ed49b.gif今月の幼稚園とヤン詰の解答を送っておきました。

詰将棋段位認定はいかなるシステムなのか?気になる。

ああ~國雄さんのとか谷川さんの特別懸賞解いてない~





将棋に関するアホな動画を発見したので貼ります。

http://youtube.com/watch?v=g_4tBqCyyns&mode=related&search=



http://youtube.com/watch?v=j4fvsQynxZM&mode=related&search=



じゃあの。

banner2.gif
comment 0 trackback 0
07.17
Tue
9088209b.gifパラの高校の5番、谷口均氏のがやっとの思いで解けました。

駒余りの変化もかっこよすぎ。むずかしかったわ~



明日には解答送れるぞよ。



詰将棋投稿掲示板に投稿できない方はご一報ください。



ってか無謀に近くね?詰将棋人口ってどれだけいるのだろうか。



じゃあの。



banner2.gif
comment 0 trackback 0
07.16
Mon
49cd4a5d.gifとりあえず今月の中学校メール解答しておきました。



小学校もメールにしてくれないかのう。
comment 0 trackback 0
07.14
Sat
6c91fe4f.gif冬眠蛙さんの第一作品集の解答・解説編を見ました。



正解数 25/21



なんとまあ、4問不正解。最終チェックが甘すぎました。







02 34飛成を見落としていた。手順前後なんておかしいと思っていたのだが。



14 これ絶対引っ掛かるわ。全く違和感無く裏返したのには今でも不思議。



16 16竜・・・寝込むかも・・・



20 作意を読み落とし、ものすごく損をした気分。移動合の名作だ。







問題は簡単です。

banner2.gif
comment 0 trackback 0
07.13
Fri
3608fdbc.gif更新してなくてスマソ。



以下は冬眠蛙さんの第一作品集の短評です。まだ解いていない人は読まないでね。





01 手本と言うべき9手詰。捨駒があまりにも美しく、作者の技量が手に取るように分かってしまう。天高く馬肥ゆる、ディープインパクトのよう。



02 手順前後ありだろうか。収束がぱっとしないが、飛捨てが入るのはいいと思う。好形なのに読むのに骨が折れるとは然り。桂合で終わらせられれば、と言ったところだろうか。



03 退路封鎖や邪魔駒消去など、手筋の勉強になる作品。41角に気付くかどうかがカギ。飛と角の連携が見どころ。



04 34飛成にハマると解けなくなる。15歩は意外にも盲点かもしれない。初手の意味が味を醸し出している。



05 ぱっと見、攻方26歩が邪魔駒であると気付く。消去を実現させるための銀の動きが面白い。



06 悩みに悩んだ作品。5手目の妙手に詰将棋の神髄を見た。桂合の変化にも納得してしまう。15角の絶妙な捨駒には言葉すら出ない。



07 上部に逃げられるのを恐れて、初手に気付けず思ったより混戦。変化の36角が気持ちよい。そして角の打ち換えが見事に決まる。その打ち換えた角をも捨てるというのだから。よく練られた構図。



08 3手目の飛捨てと打ってから捨てる金の組み合わせが絶妙。吊るし詰めって響きがなんだか。



09 打ち捨ての銀に、玉方25桂にどけと言わんばかりの角の横柄な態度。意地を張って桂馬が見事に並び、収束も華麗に決まる。吊るし詰めって腰の低いサラリーマンみたいな感じ。「あっ、すいません」



10 逃げ道が広そうで初手に迷う。14銀が最もそれらしいので、これに決定する。5手目に気付かなければ永久に解けないだろう。捨駒のボリュームや移動合など、要所要所にサービスが用意されている。



11 良い意味での悪意、といったものを感じる。ある仕掛けに気付くことが出来れば、簡単に解けるのだが。捨駒が際立つ習作。



12 これもかなり悩んだ作品。主要な紛れに踊らされてしまった。あの形を意地でも実現させるにはどうすればよいか、これに尽きる。収束は翻弄ものが楽しめる。



13 いわゆる連続不成もの。中盤の捨駒にはかなり勇気がいるが。最後になって不成の意味が理解できて、なるほどな。歩の配置は仕方ないか。



14 簡単な打歩詰回避だが、意外に紛れが多く悩む。詰上がりが珍しい形になる。



15 初手がなぜかすぐ分かってしまう。ある意味良すぎる初手なので指してみたらあっさり詰んだ。打歩詰回避のための竜捨てが美しい。



16 かなり難しい作品。私には解けなかったので、解いていない人は何年かかってでも解いて欲しい。まあ初手は必然なのだが。



17 最強の移動合を垣間見ることが出来る。このくらいの非限定は許容範囲だろうが、捨駒も忘れていないのが素晴らしい。



18 局面が広く、初手の限定打を探り当てるのに一苦労した。変化の54銀をなかなか見つけ出せず、それを見つけたときは自分の実力に呆れてしまった。収束では大駒の活躍が見れる。



19 作者は打ち換えの要領を得ているようだ。邪魔駒消去を兼ねた角捨ては見ていて気持ちがいい。詰上がりの形が好みだ。



20 敵馬の利きが強力だが、それを逆手にとって打歩詰打開を狙う。銀をうまく消して飛車不成が会心の一手。このような一つ狙いのある作品を創るのは大変だと思う。



21 ちょっとした仕掛けが楽しめる小品。このような純粋な仕掛けは大切な基本だと思う。桂により角の利きが遮断されてしまうのだ。



22 とても感心させられた作品。地を這うような飛車に、渋すぎる銀捨て、犠牲になる馬、角のダイナミックな動き。収束のあまりのかっこよさに脱帽の一言。



23 双玉独自のもどかしさがある。しかし多少無理に作った感じは否めず、初手の非限定も痛いところ。収束もぱっとしないため、双玉の基礎とでも言っておこう。



24 凝った仕掛けをまじまじと見せ付けられると、逆にうれしくなるのが作家の性というもの。初手の銀捨てのアクセントから始まり、意表をついた金捨て、じれったい金合に、狙いの桂跳ね。馬を質駒にするとは粋なことをする。



25 手数知らなかったら確実に誤答していた。手数が4手余るのでおかしいと思ったのだ。まさか二歩の罠を読み飛ばしていたとは。これで「空白の4手」の意味が分かる。





今までこれらの作品を解いてきて思ったのは、とてもまとまっている点だ。純粋に作図を楽しんでいる気がする。どの作品もしっかり練られていて、とても我慢強い人柄が感じられる。ごちそうさまでした。








問題も解いてね。

banner2.gif
comment 0 trackback 0
07.02
Mon
81307c94.gifどうも。詰将棋メモに感謝。



パラ6月号同人室、テーマ「大駒捨てが2つ以上ある9手詰」短評いってみよー



1、手本と言うべきベテランの軽い作品。といっても嫌と言うほど怒涛の捨駒には参る。ここではそれが普通なのが凄い。 評価B

2、51香を見て、ピンと来る。この金と銀の連携はいつ見ても好きである。ここでも大駒4連続。 評価A

3、飛をいかに翻弄するか。焦点の金捨ては見事。起承転結がはっきりしていて良い。 評価A

4、少し悩んだ作品。本当に二つ捨てるのかと疑ってしまった次第が裏切られて、ほっと一安心。 評価A

5、金を残すことを考えて苦戦した。45飛の感触がなんとも言えない。 評価A

6、両王手までのプロセスが見物。邪魔駒消去と竜捨ての伏線の味。 評価B

7、と一枚でここまで表現できるとは。素晴らしい。 評価A

8、左側で詰むとは意外。作者らしいしっかりした内容。 評価B

9、ちょっとした趣向が楽しめる。おびき寄せられる玉の滑稽なことよ。 評価B

10、二枚飛車の威力は詰物でも健在。詰上がりは簡単に予想できる。 評価B

11、複雑怪奇な作者らしい作品。しかし新鮮なアイデアには驚かされる。 評価A

12、33銀を見ては、これしかないと踏む。41角を発生させるまでが山場。 評価B

13、退路封鎖と邪魔駒消去が一手に凝縮されている。おびき寄せも決まった。 評価A

14、収束が面白い。なにかおかしいと思ったら作意のほうを完全に忘れていた。 評価B

15、これは普通すぎる気がする。配置も厳しいか。 評価C

16、閉所での大駒4連続はなかなかできない。銀一枚でこれだけ表現できるとは。15歩は大目に見るとする。 評価A

17、銀不成の渋さがいい。こういう手の作品は好みだ。 評価A





詰パラ表紙ってけっこうネットに転がってたりする。

問題解くの頑張れや。押してくれ。



banner2.gif



じゃあの。
comment 0 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。