--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.17
Sun
a1a185f8.gif



1「Conceived Sorrow」鬱になりそうなほど暗いバラード。ここに来て一曲目にバラードを持ってくるのはうまいと思う。ライブのオープニングにも相応しいし、アルバムの内容にも合っている。低音域のピアノとベースが怖いくらいだ。「自殺」がテーマだろうか。心に重くのしかかるような詞が逆に心地良い。何となく「死にたい」と思うのと、本気で「消えたい」と思うのでは訳が違う気がする。前者は好奇心であり、まだ自分のことを記憶しておいて欲しいと少なからず願っているのに対し、後者は全てを信じることが出来ずに居る末期状態であり、自分の存在を認識してもらいたくない、ある種の現実逃避に似た症状があるような予感。



「どうして生きることを勧めるのですか」自殺について検索したことがある人なら一度は見たことがあるだろう。メールの投稿者は親に虐待された経験を持つ(「Cage」については後述、絵本「愛と敵」についても)。





私の個人的信条を言わせてもらえれば、神様があなたを愛しているからです。(抜粋)



こんな言葉で救われるんだったら俺とっくに死んでるよ。日本人にとっての神とは自然そのものであり、自然が人間を敬愛するわけがない。ただ自然の恵みによって、人間は生かされているに過ぎないのである。上記の「神様」が指すものがキリスト教やイスラム教のような唯一神ならば、この考えは真っ赤な嘘になる。俺からしてみれば人の弱みに付け込む言葉としか思えない。



自己を否定することによって、見えてくる真実があるはず。欲張れば、それを形にして伝える努力をしてほしい。例え誰も救うことが出来なくても、努力をしているときが人生で一番楽しい瞬間なのだから。



う~ん。やはり黙っているのが得策ですかな?



http://www.youtube.com/watch?v=gpj9zNEWUR4&mode=related&search=







イバラに絡む太陽

ため息と混ざって蕩ける後悔



見飽きた夢に唾を吐き笑う

孤独に喰われた人達の心は

残酷に育つ



重ねた白に溶け込む

望まれず壊れた真実は裏腹

微笑みに愛を



すでに陰り朝は死んだ



嗚呼届かない離れてしまう

穢れのない 優しさに 涙と眠りたい



孕んだ嘘は麗らか

剃刀のブールで溺れた涙は

曖昧に甘く



すでに陰り明日は死んだ



涙も嘘も愛も許せない俺が

大嫌いで…でも戻れないから…



嗚呼届かない離れてしまう

穢れのない 優しさに 涙と眠りたい



背負った茜の空にただ響く

泣き叫ぶ声はもう 聞こえない







押してね。

banner2.gif



関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/151-1be89738
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。