--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.02
Mon
81307c94.gifどうも。詰将棋メモに感謝。



パラ6月号同人室、テーマ「大駒捨てが2つ以上ある9手詰」短評いってみよー



1、手本と言うべきベテランの軽い作品。といっても嫌と言うほど怒涛の捨駒には参る。ここではそれが普通なのが凄い。 評価B

2、51香を見て、ピンと来る。この金と銀の連携はいつ見ても好きである。ここでも大駒4連続。 評価A

3、飛をいかに翻弄するか。焦点の金捨ては見事。起承転結がはっきりしていて良い。 評価A

4、少し悩んだ作品。本当に二つ捨てるのかと疑ってしまった次第が裏切られて、ほっと一安心。 評価A

5、金を残すことを考えて苦戦した。45飛の感触がなんとも言えない。 評価A

6、両王手までのプロセスが見物。邪魔駒消去と竜捨ての伏線の味。 評価B

7、と一枚でここまで表現できるとは。素晴らしい。 評価A

8、左側で詰むとは意外。作者らしいしっかりした内容。 評価B

9、ちょっとした趣向が楽しめる。おびき寄せられる玉の滑稽なことよ。 評価B

10、二枚飛車の威力は詰物でも健在。詰上がりは簡単に予想できる。 評価B

11、複雑怪奇な作者らしい作品。しかし新鮮なアイデアには驚かされる。 評価A

12、33銀を見ては、これしかないと踏む。41角を発生させるまでが山場。 評価B

13、退路封鎖と邪魔駒消去が一手に凝縮されている。おびき寄せも決まった。 評価A

14、収束が面白い。なにかおかしいと思ったら作意のほうを完全に忘れていた。 評価B

15、これは普通すぎる気がする。配置も厳しいか。 評価C

16、閉所での大駒4連続はなかなかできない。銀一枚でこれだけ表現できるとは。15歩は大目に見るとする。 評価A

17、銀不成の渋さがいい。こういう手の作品は好みだ。 評価A





詰パラ表紙ってけっこうネットに転がってたりする。

問題解くの頑張れや。押してくれ。



banner2.gif



じゃあの。
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/157-dd26e90c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。