--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07.13
Fri
3608fdbc.gif更新してなくてスマソ。



以下は冬眠蛙さんの第一作品集の短評です。まだ解いていない人は読まないでね。





01 手本と言うべき9手詰。捨駒があまりにも美しく、作者の技量が手に取るように分かってしまう。天高く馬肥ゆる、ディープインパクトのよう。



02 手順前後ありだろうか。収束がぱっとしないが、飛捨てが入るのはいいと思う。好形なのに読むのに骨が折れるとは然り。桂合で終わらせられれば、と言ったところだろうか。



03 退路封鎖や邪魔駒消去など、手筋の勉強になる作品。41角に気付くかどうかがカギ。飛と角の連携が見どころ。



04 34飛成にハマると解けなくなる。15歩は意外にも盲点かもしれない。初手の意味が味を醸し出している。



05 ぱっと見、攻方26歩が邪魔駒であると気付く。消去を実現させるための銀の動きが面白い。



06 悩みに悩んだ作品。5手目の妙手に詰将棋の神髄を見た。桂合の変化にも納得してしまう。15角の絶妙な捨駒には言葉すら出ない。



07 上部に逃げられるのを恐れて、初手に気付けず思ったより混戦。変化の36角が気持ちよい。そして角の打ち換えが見事に決まる。その打ち換えた角をも捨てるというのだから。よく練られた構図。



08 3手目の飛捨てと打ってから捨てる金の組み合わせが絶妙。吊るし詰めって響きがなんだか。



09 打ち捨ての銀に、玉方25桂にどけと言わんばかりの角の横柄な態度。意地を張って桂馬が見事に並び、収束も華麗に決まる。吊るし詰めって腰の低いサラリーマンみたいな感じ。「あっ、すいません」



10 逃げ道が広そうで初手に迷う。14銀が最もそれらしいので、これに決定する。5手目に気付かなければ永久に解けないだろう。捨駒のボリュームや移動合など、要所要所にサービスが用意されている。



11 良い意味での悪意、といったものを感じる。ある仕掛けに気付くことが出来れば、簡単に解けるのだが。捨駒が際立つ習作。



12 これもかなり悩んだ作品。主要な紛れに踊らされてしまった。あの形を意地でも実現させるにはどうすればよいか、これに尽きる。収束は翻弄ものが楽しめる。



13 いわゆる連続不成もの。中盤の捨駒にはかなり勇気がいるが。最後になって不成の意味が理解できて、なるほどな。歩の配置は仕方ないか。



14 簡単な打歩詰回避だが、意外に紛れが多く悩む。詰上がりが珍しい形になる。



15 初手がなぜかすぐ分かってしまう。ある意味良すぎる初手なので指してみたらあっさり詰んだ。打歩詰回避のための竜捨てが美しい。



16 かなり難しい作品。私には解けなかったので、解いていない人は何年かかってでも解いて欲しい。まあ初手は必然なのだが。



17 最強の移動合を垣間見ることが出来る。このくらいの非限定は許容範囲だろうが、捨駒も忘れていないのが素晴らしい。



18 局面が広く、初手の限定打を探り当てるのに一苦労した。変化の54銀をなかなか見つけ出せず、それを見つけたときは自分の実力に呆れてしまった。収束では大駒の活躍が見れる。



19 作者は打ち換えの要領を得ているようだ。邪魔駒消去を兼ねた角捨ては見ていて気持ちがいい。詰上がりの形が好みだ。



20 敵馬の利きが強力だが、それを逆手にとって打歩詰打開を狙う。銀をうまく消して飛車不成が会心の一手。このような一つ狙いのある作品を創るのは大変だと思う。



21 ちょっとした仕掛けが楽しめる小品。このような純粋な仕掛けは大切な基本だと思う。桂により角の利きが遮断されてしまうのだ。



22 とても感心させられた作品。地を這うような飛車に、渋すぎる銀捨て、犠牲になる馬、角のダイナミックな動き。収束のあまりのかっこよさに脱帽の一言。



23 双玉独自のもどかしさがある。しかし多少無理に作った感じは否めず、初手の非限定も痛いところ。収束もぱっとしないため、双玉の基礎とでも言っておこう。



24 凝った仕掛けをまじまじと見せ付けられると、逆にうれしくなるのが作家の性というもの。初手の銀捨てのアクセントから始まり、意表をついた金捨て、じれったい金合に、狙いの桂跳ね。馬を質駒にするとは粋なことをする。



25 手数知らなかったら確実に誤答していた。手数が4手余るのでおかしいと思ったのだ。まさか二歩の罠を読み飛ばしていたとは。これで「空白の4手」の意味が分かる。





今までこれらの作品を解いてきて思ったのは、とてもまとまっている点だ。純粋に作図を楽しんでいる気がする。どの作品もしっかり練られていて、とても我慢強い人柄が感じられる。ごちそうさまでした。








問題も解いてね。

banner2.gif
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/158-dec9bc77
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。