--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.25
Sun
[訃報]真部一男さん55歳=将棋棋士八段

2007年11月25日19時22分トラックバック(0)



 真部一男さん55歳(まなべ・かずお<本名・池田=いけだ>将棋棋士八段)24日、転移性肝腫瘍(しゅよう)のため死去。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は妹の土佐絹代(とさ・きぬよ)さん。



 東京都出身。加藤治郎名誉九段門下で73年に四段になり、「棋界のプリンス」と呼ばれて注目された。82年早指し選手権戦で優勝。88年八段。名人挑戦権を争うA級順位戦には2期在籍した。



 文筆家としても知られ、「将棋世界」誌に「将棋論考」を連載中だった。囲碁やバックギャモンなどゲーム好きでも知られた。11月1日付で病気療養のため休場中だった。





ご冥福お祈りいたします。
関連記事
スポンサーサイト

comment 1 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/207-dfe9c846
トラックバック
コメント
 一番最初にプロからサインしてもらったのが真部先生で、当時は期待の若手でした。ご冥福を心からお祈りいたします。
利波偉 | 2007.11.26 09:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。