--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.21
Sun
7ae0fadb.jpg(抜粋)

「百万両」に値する報恩の念を抱くには、相手が「ひとかどの人物」(a decent fellow)でなければなりません。これは、日本人の階層制度に対する信仰と信頼からすればまったく当然です。自分より低い地位にある者や、どこの馬の骨とも知れない怪しげな人から恩を受けるというのは大きい恥です。



はあ、なるほど。良いこと言うね。人の上に立つ者は下の者を敬愛しなければならない。つかの間の権力に陶酔してもすぐ壊れます。権力は自分の欲望のためにあるのではなく、他人のためにあるものではないでしょうか。しかし古来から悪用率は高そうです。以前権力とは何かを書いた。「子供達が協力して作り出す巨大で愚劣かつ模倣的な芸術である」と。ここで注意して欲しいのはこの言葉は権力の本質ではないということ。あくまで悪い意味での言葉である。つまり「集団いじめ」とも取れるし、「他社と同じような系列の商品やサービスの会社」とも取れる。「芸術」は「悪い意味での皮肉」であるし、「模倣的」というのは「世界にありふれている」ということ。本当の権力とは何かを教えてくれる人間があまりにも少なすぎる。酷なことですな。



相手が「ひとかどの人物」であるという条件を離れたときには、「受けた負目がどんなに些細なものでもそれを快からず思うのが徳である」とベネティクトは言っています。そこでは争いが起きるのが必然です。でも人が生きる上で「恥」は必要な要素ですし、二つ以上の愛を同時に受け入れることなど普通の人間には出来ません。葛藤とは言いますけど、「プラスとプラスの葛藤」と「マイナスとマイナスの葛藤」は同じと見て良いでしょう。どちらも「プラスとマイナスの葛藤」に変化せざるを得ないからだ。プラスマイナスゼロが人間にとって一番の安楽だからかもしれません。それによって傷つくこともある、でもそれは全世界の人間が通らなければならない茨の道です。負目から逃れようとすることは、現実逃避ではないと私は思います。はっきり言うことです、「お前の愛は間違っている、美しい本能をどこへやったんだ?」とね。





今日の一曲



Performance/Pierrot



空想の自由はホラ 偽善者の茶番劇

盲目の大衆共が 無条件に騙されちゃって



妄想の平和はホラ 蓋開けりゃ地獄絵図

虚像の独裁者演じて 貴方をエスコートしましょう



だってこんな俺と愛し合える貴方ならば 破壊の意味が分かるはずだろ?

もっと氷みたいに神経研ぎすませたならば 行き着く先が見えてくるのさ



What is Free ?

素晴らしいぜ

What is Free ?

笑顔で叫ぼう

What is Free ?

どんな言葉も薄ら寒いパフォーマンス



What is Peace ?

素晴らしいぜ

What is Peace ?

響きは良いけど

What is Peace ?

邪魔するなら悪いけど叩き壊しちゃうぜ



だってこんな俺と愛し合える貴方ならば 狂気の意味が分かるはずだろ?

もっと獣みたいに理性踏みにじれたならば 終わりの先が見えてくるのさ



What is Free ?

素晴らしいぜ

What is Free ?

笑顔で叫ぼう

What is Free ?

どんな言葉も何もかもがパフォーマンス



What is Peace ?

素晴らしいぜ

What is Peace ?

響きは良いけど

What is Peace ?

今この手で悪いけど粉々にしちゃうぜ





レッツ・ダ~ンス!(やめろ
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/22-4a001fd9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。