--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05.31
Wed
d6ef7943.bmpあまりに人間を恐怖している人たちは、かえって、もっともっと、おそろしい妖怪を確実にこの眼で見たいと願望するに到る心理、神経質な、ものにおびえ易い人ほど、暴風雨の更に強からん事を祈る心理、ああ、この一群の画家たちは、人間という化け物に傷めつけられ、おびやかされた揚句の果、ついに幻影を信じ、白昼の自然の中に、ありありと妖怪を見たのだ、しかも彼等は、それを道化などでごまかさず、見えたままの表現に努力したのだ、竹一の言うように、敢然と「お化けの絵」をかいてしまったのだ、ここに将来の自分の、仲間がいる、と自分は、涙が出たほどに興奮し、



 「僕も画くよ。お化けの絵を画くよ。地獄の馬を、画くよ」



 と、なぜだか、ひどく声をひそめて、竹一に言ったのでした。



 竹一の一言が、絵画に対するそれまでの葉蔵の心構えの間違いを悟らせたのです。そしてそれから葉蔵は、新しい態度で絵をかきはじめました。



 ……美しいと感じたものを、そのまま美しく表現しようと努力する甘さ、おろかしさ。マイスターたちは、何でも無いものを、主観に依って美しく創造し、或いは醜いものに嘔吐(おうと)をもよおしながらも、それに対する興味を隠さず、表現のよろこびにひたっている、つまり、人の思惑に少しもたよっていないらしいという、画法のプリミチヴな虎の巻を、竹一から、さずけられて、れいの女の来客たちには隠して、少しずつ、自画像の制作に取りかかってみました。



 自分でも、ぎょっとしたほど、陰惨な絵が出来上りました。しかし、これこそ胸底にひた隠しに隠している自分の正体なのだ、おもては陽気に笑い、また人を笑わせているけれども、実は、こんな陰鬱な心を自分は持っているのだ、仕方が無い、とひそかに肯定し、けれどもその絵は、竹一以外の人には、さすがに誰にも見せませんでした。自分のお道化の底の陰惨を見破られ、急にケチくさく警戒せられるのもいやでしたし、また、これを自分の正体とも気づかず、やっぱり新趣向のお道化と見なされ、大笑いの種にせられるかも知れぬという懸念もあり、それは何よりもつらい事でしたので、その絵はすぐに押入れの奥深くしまい込みました。





上の文は、太宰治の「人間失格」の一節である、「菊と刀」の勉強にも使用されている。とりあえず第一の手記まで読みました。本当に考えさせられます。やはり天才というのは世人にとって滑稽なものらしいです。何か葉蔵と自分とが少し重なる部分がある。でも自分は幸せなほうかもしれません。親の性欲を上手くいなすことができたからでしょうか。いや、必死で受け止めていたのでしょう。そうでなければここにはいなかったかもしれません。禁断の果実を齧り飲み込んで、自分が障害者であったことも分からないまま死んでいったかも知れません。いやあ、命拾いしました。一方で犠牲になった心もいました。彼女は僕に嫉妬を覚えていたのかもしれません。しかしまた、彼女も強運の持ち主です。愛する人を見つけることが出来たのだから。僕達は傷つけあうことでお互いの愛の形を形成することができたのだ。素晴らしき「Brotherfood」である。お互いに魂の充実を図る事ができた、とでも言いましょうか。天才は一般の人間とは感性が違うみたい。テンションの徹底的な低さって、禅とか涅槃の世界に通じると、彼が天国から言っている気がします。結構日本人って外国の偉人を異端視するじゃないですか。それとは逆に今の若い世代って外国の文化が好きじゃないですか。細木氏が言うように、今、この時代の現代教育において、英語力より国語力が重要であると説いています。人間としての基礎(読み・書き・珠算)(心理的、創造的、金銭的)が固まっているのなら、外国の文化に触れても良いのでは、とのこと。確かにそうかもしれない、日常がいかに大事か思い知らされます。ただ一つ日常的であってはならないものがあります。その話は今度ね。



今日の一曲



The Pride Of The Family/Journey





Young blood has got it shakin'

Growin' up, she's changin'

She's so tough to try tame her

These days she just wants to run wild



Short skirt, loves her make up

Plays the flirt, it's daddy's wake up

He's on the edge of teen age shake up

It's so bad he's losing sleep at night



Cause he was young once restless and free

An apple doesn't fall far from a tree



She's the pride of the family

Stands above the crowd, makes them all believe

She's the pride of the family

When it's her time to fly

She's got love on her side



Photographs of her childhood

The years have passed

Where did they run to

Love still lasts the tears they've been through

Time's a thief as precious moments fly by



Dreamy eyes like her mama

Her temper flies like her papa

Her brother's cool and he's never been a bother

But he's someone to turn to

When life ain't feelin' right



Hold on loosely but never let go

The rest she'll have to find out on her own



She's the pride of the family

Stands above the crowd, makes them all believe

She's the pride of the family

When it's her time to fly

She's got love on her side



Hold on loosely but never let go

The rest she'll have to find out on her own



She's the pride of the family

Stands above the crowd, makes them all believe

She's the pride of the family

When it's her time to fly

She's got love on her side





彼女は家族のプライドそのもの。ほら、それを無視したから汚れてしまったじゃないか。誰の責任だ。
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/28-789f3670
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。