--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.27
Fri
若島正の詰将棋ワールド



初級編 其の一 を解いてみた。



10/10 全問正解



以下短評をば。ネタバレ注意なので伏せます。







01 双玉の練習と言ったところ。思えば銀を活かそうと考えれば自然に解けるか。



02 難しいのでは?両王手をはさんだ収束が見えないと角の使い方も見えない。



03 邪魔駒に気付くかどうか。最初に気付いてしまうのと後で「なるほど」と思うのではだいぶ感触が違う。移動合した駒を取って捨てるのは流石。



04 詰上がり第一号は誰なのだろうか?気になるな。



05 香で角道を遮断する筋を変化に招き、角で取らせてそれを打歩回避に利用する。筋が良すぎるとしか言いようがない。



06 やりにくい初手からの合駒がなんとも言えぬ豪快さを醸している。



07 若島さんもこのような筋を創るのかと、感心した次第。例えば中出氏とか三角氏とか俺的イメージ。



08 遠ざかるような初手が面白い。移動合した駒を取って捨てるのはもはや常識?



09 解けたときの悦びを久々に味わえた気がする。解いて損は無い。



10 こういうの楽しすぎwww



まとめ



全体的にクオリティが高いのは言うまでも無いが、同時に意外性や楽しさも織り交ぜてあり、解いて良かったと思えた。次も同じようなことしか書けないかもwww









関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/290-f49f2ab2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。