--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.21
Wed
26ceb641.jpg「RED 13」を購入するタイミングを考慮中、以下に曲目を、これで25分はすごいボリュームだ。これはミニアルバムなのだが、そういうCDの形態もありだなと思うようになってきた。現にPierrot「Celluloid」もいい作品だし、それらが一連の物語となってひとつの「作品」となる点を評価したい。今までお蔵入りされた曲をクオリティの高い新曲としてアレンジし発表するのは楽しいと思う。アマゾンでオークションだしHMV手数料高いししばらく待ちます。



1. INTRO:RED 13/STATE OF GRACE

2. THE TIME

3. WALKING AWAY FROM THE EDGE

4. I CAN BREATHE



3「Where is Growing Child ?」くだらない洒落です、悪しからず。Journey「When You Love A Woman」を彷彿とさせる結婚式を意識した作品にしたい。構成的には全く同じにはしたくないので、何か工夫を。Disabled史上最も純粋で美しい名曲になるだろう(w ピアノソロから始まるのを前提に、それを全体に絡めながら、だんだんと音を大きくして。イントロはジャズっぽくハイハットとかを弱めに擦ったり。2小節目でヴァイオリンコーラスを入れる。そこで一旦落としてから本編突入。マイナーで落とすのが余韻を残すコツ。不協和音使えないかなあ。歌詞書こう。



少女のようなお前がいた

成長するのを拒んで

心ばかり傷つけて

何も分からずにいた

性を意識し始めていた



彼女は何かを壊し始める

黒い羽衣を纏ってしまう

そして彼女は出会うのだ

透明な同じ色をした貞操の持ち主に



さあ、目を開けて

誰かを傷つけたっていい

思い出から解き放たれたあなたは

今よりもっと素敵に生きれるはず



まだ彼を怨んでいるね?

それは美しい感情だよ

愛していたから取り戻したい

でもそれは自然への冒涜かもね



彼はもう他の女に奪われたかも

もう忘れたのかい?大切な感情を

幸せになりたいなら

まっすぐ前を見て!



彼女はまるで子供みたいに当り散らした

すべてが嫌になる時だってあるけど

運命に逆らえば君は不幸になるんだよ

人の運命は最初から決まってる

そのほうがみんな楽なのにね、馬鹿みたいだろ?
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/33-6a205ee5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。