--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.08
Tue
0b29b674.jpgさて、2ndアルバム[Second-Opinion]創りますよ。題名のセカンド・オピニオンとは「診断や治療方針について主治医以外の医師の意見」の意。「意見」=「人間」なので、「成長」を隠しつつ「嫉妬」「暴力」「愛憎」「理性の崩壊」「本能の欠如」「遺伝子異常」「死」を表現したい。あとはプラスアルファは秘密兵器。アルバムの構成としてはアグレッシヴなのが中心でリラックスできる曲も交えてスローテンポの曲で締める。とりあえず隠しトラックは無しで。



まず12「Hotel Cumico」いきなりですか。あのイーグルスの名曲「Hotel California」を文字ったらこのような結果に。イメージとしては月明かりが妖しく照らす某公共施設w俺の勝手なイメージですがラルクの「White Feathers」の風景の夜ヴァージョンです。それと夢に出てくるあの場所を重ね合わせてみると、なかなか良いではないですか。時間の流れを正反対にして、と言うのは、面白いことにその夢の中では夜が終わると夕方なのでして。PV的にも流れ的にもそっちのほうが都合が良いし。夕日の眺められる某公共施設wみたいな~。二人が愛し合って、やがて"夜が明ける"わけだ。その"夕日"を眺めながら二人は"朝食"を摂る。スクランブル・エッグにベーコン。レタス、キュウリ、水菜、ミニトマトのサラダに特性のオリーヴオイル・ドレッシングを掛けて。そしてパンを片手に野菜のうまみが凝縮されたスープにつけていただく。デザートにはアイスクリームに苺ジャムを添えて。そしてゆったりと時間が流れてゆく。この仮想世界の住人達は"進化"を捨てたのだろうか。一定以上のことは何も望まない。それぞれの命が尽きるまで、決められた者とだけしか愛し合うことを許されない。決められた役割を担うことしか許されない。しかしそれでもこの仮想世界の住人達は"満足"している。"ホテル"という某公共施設のような本質的な言葉で片付けるべきではない。この施設は"日常"からかけ離れた安らぎの空間ではなく、あくまで"無為自然"な"生活環境"であり、人間の"愛情"から開放された領域でもある。この仮想世界では、彼らは"愛し合っている"のではない。"本能"に従って生きているだけなのだ。本来なら心理学で言う自我やイドによる争いが避けられないのだが、彼らは"愛情"そのものを知らないのである。ただ"変化"を異常なほど嫌う傾向があるだけだ。現実世界との共通点を挙げるならば、"リビドー"だろう。彼らは"睡眠"すると"記憶喪失"に近い状態になる性質がある。ある日突然、悲劇が舞い降りてしまうのだろうか。不安に駆られ、激しく"愛し合う"二人だが、目覚めればその"記憶"はもうどこにも存在しないのだ。そして彼は彼女を残して仮想世界から消えてしまう。一応PVの場面は①ベッドで熱の余韻に浸る二人②夕日を眺めながら朝食を摂る二人③外に出て夏風に当たる二人④とある本を読んでしまう彼女(ジョエルの日記w)⑤激しく愛し合う二人⑥意味深に微笑む彼女⑦屋上へ彼を連れて行く彼女⑧クララが立ったと思ったら意識を失いマーク・パンサー風に倒れる こんなものか。曲の構成はだんだんと音を重ねてゆく方向で。8/7調を前半のパートに採用したいなと。歌詞は?在宅医療?女のわがまま叶えます。





アダムはイヴが"太陽"のような存在でなければならないと

悟っていたようだ

君はまさに仮想世界の人工の太陽だ

善悪の智慧の実を齧るまでは



月は常に"太陽"の周りをつきまとう存在でなければならない

彼女は蛇の皮膚のあまりの冷たさに

理性を失ってしまったみたいだ

過剰なほどの潤いを得たいと願うように・・・



アダムは自分が冷静になるべきだと

酸素と二酸化炭素の循環と同じ仕組みのように

俺はまさに仮想世界の人工の満月だ

彼女に騙されてエデンを追放されるまでは



わたしたちは何のために生まれてきたのかしら

あなただけどうしてそんなに重い罪をかかえているの

わたしのこころから何かが出て行きそうで

あなたがもしもいなくなるのなら

でもわたしはまだ死ねないのよ



昨日本を読んだのよ

あなたの歴史を知ってしまったの

でもこの日が来ると思っていたわ

あなたが永い眠りにつくまで

傷つけたって構わない



こんな俺と愛し合う運命だなんて

お前には嫌な思いをさせてばかりだな

お前だけどうしてそんな壊れそうな

微笑みをうかべることができるんだ

俺のたましいは成長を拒まずに

お前より先に死んでしまうのなら

でももうそれ以外に道は無いんだよ

お前と傷つけ合うのはこれで終わりにしようか



このホテルの屋上から美しく輝く朝日を見てみたい

最後のわがままを聞いておくれ

僕が消え去ったらどうか僕を怨みに怨んでください

それがあなたの新しい幸せになることを祈ります

それともう一つ・・・

二人が誰にも邪魔をされずに愛し合うためのスペースを

築き上げてください・・・



ずっとそのままでいておくれ・・・
関連記事
スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://f8g2l.blog136.fc2.com/tb.php/49-e6abbbcb
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。